1. カマグラゴールドを通販で買ってみよう!便利でお得にショッピング   >  
  2. ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品について

試験管

前項でオススメした『カマグラゴールド』ですが、この治療薬には現代の医学で開発された「ジェネリック医薬品」という医薬品に属されるのです。ではその医薬品が消費者に与える影響とは一体何なのでしょうか。またどのような経緯で開発されたのでしょう。

まず、特定のメーカーが最初に開発し承認を受け発売した、従来なかった薬効成分を持つ薬を「先発医薬品(新薬)」といいます。先発医薬品の開発には、十数年にもおよぶ長い研究期間と莫大なコストがかかるため、それを手掛けることができるのはほとんどが大手の医薬品メーカーに限られています。先発医薬品を開発した企業は医薬品の構造や製造方法用途について特許権を取得し、特許期間中の20年間はその薬の製造・販売を独占することができます。これに対して先発医薬品の特許が切れたあと、その薬を他の医薬品メーカーが製造・販売したものを「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」といいます。

ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ成分が含まれ、同じ効果を持つとされています。では、なぜジェネリック医薬品が先発医薬品と変わらない効果を謳っているかというと、それは「有効性の試験」において「先発品に比べ統計学的に見て差が無い」とされているからです。

ではなぜ国は国民にジェネリック医薬品の利用を勧めているのでしょうか。それは日本人のほぼ全員が加入している「健康保険」の財政が逼迫しているところに理由があります。保険でカバーする高齢者の医療費が高騰する中、政府はそこに明確な答えがあるとは考えにくいまま、少しでも医療費を減らすため、ジェネリック医薬品の普及に乗り出したのです。以上の現状を踏まえた上で、ジェネリック医薬品のあり方や利用に目を向けてみてはいかがでしょうか。人気を集めているその意味を体感してみてください。